現在、資料請求のお申込みは、お受けしておりません。
インターネット取引 GP@積立くん
初めての方へ 会員専用ログイン
プラチナ・金価格情報 情報を見る
商品・サービスのご案内
プラチナ・スポット購入
金スポット購入
プラチナ積立
純金積立
地金売却・引出し
ジュエリー等価交換
コインの引出し
金・プラチナ定期取引
年会費・手数料
ボーナスポイント
よくある質問
お問い合わせ
初めての方へ
プラチナの価値・魅力
金の価値・魅力

金の価値・魅力

世界で24時間休みなく動き続ける、金。
金は価格が変動する相場商品であり、世界に共通する価値観をもつ国際商品として活発に取引が行われています。

香港、チューリッヒ、ロンドン、ニューヨークの各市場が世界の四大金市場と呼ばれ、価格の指標的立場の市場としての地位を確立しています。

世界の主要取引所がある都市間には時差があります。例えば地球上では東に位置する日本や香港で取引が行われている時間帯には、欧米では夜間で取引が行われておらず、日本国内の取引が終了する頃にはチューリッヒが朝を向かえ市場がオープンし、つづいてロンドン、そして、日本時間の深夜にニューヨーク市場の取引がスタートします。日本など極東地域で取引されていた相場が欧米の市場に影響し、欧米の価格が、翌日には再び極東市場に引き継がれるなど、24時間休むことなく世界のどこかで取引が行われているのです。

相場が変動する要因は、需給の変化と、その時々に世界で起きている政治・経済・社会情勢などの影響を受けて価格が形成されて行きます。価格は海外市場から日本向けに提示される米ドル建て価格を円建て価格に換算して算出されるため、為替相場が金価格に及ぼす影響も少なくありません。
すなわち、円高になれば国内価格はその分安くなり、円安になれば値上がりする要因となります。

6,000年間に産出された総量は約15万トン。
金は、限りある希少性の高い資源です。
人類が始めて金を手にしたのは、今から6,000年前と言われています。以来、これまでに採掘された総量は約150,500トン。
これは、オリンピック公式プール約3杯分相当の希少性の高い資源です。

金は、年間2,500トン前後のペ−スで産出されており、その他、市場からの回収などによって供給される量と合わせて年間、約4,000トン前後の世界の需要がまかなわれています。

需要は宝飾用をはじめ、地金、金貨以外に、ビデオ、コンピュータ、宇宙衛星などのハイテク産業用の資源として重要な役割を果たしています。しかし、現在地球に埋蔵されている金は約76,000トン程度(WGC調べ)。
しかも、その大部分は採掘が困難な場所にあり、近い将来は、地上にある在庫を再利用し続ける以外に手段がなくなると予想されています。
 

「GP@積立くん」にご登録いただきますと、インターネット上でのお取引が可能となります。

※「純金積立・プラチナ積立取引」にご契約または「金・プラチナスポット購入取引」にご登録いただいたお客様が対象となります。  >>>詳しくはこちら